しみ対策には年中紫外線対策が必須

紫外線を浴びることにより、出来やすくなる「しみ」。モイスポイント

顔に出来た「しみ」は、色が濃くなればなるほど目立ってしまう厄介なものですよね。「しみ」対策をするには、1年中紫外線対策をすることが大切です。中でも、紫外線対策を怠りがちな冬には注意が必要。特に冬の紫外線には、「しみ」の原因になりやすいUVAが多く含まれています。UVAは屋外だけでなく室内にも届いてしまう恐ろしい紫外線なのです。

そのため、冬の外出時はもちろん、室内で過ごすときにも日焼け止めなどを使用して紫外線対策を行うことが必須となります。ただ、日焼け止めも商品によっては肌の負担になりやすく、肌あれなどの肌トラブルの原因となることも。

室内で過ごす場合につける日焼け止めは、SPF30以下などの低めのものでも十分ブロックすることが出来ます。日焼け止めは自分の肌に合った低刺激なものを選ぶということも大事ですよ。また、忘れてはいけないのは日焼け止めはこまめに塗り直す必要があるということです。

日焼け止めは、塗ってから時間が経ってくると汗などで日焼け止めが落ちてしまい、紫外線対策の効果が薄れてしまうことも。そのため、数時間おきでもこまめに塗り直す習慣をつけると良いですね。以上のように、1年中しっかり紫外線対策をして「しみ」予防に努めていきましょう!