ほとんど紫外線を浴びてないはずなのにシミってできるんだ

私は紫外線アレルギーなので、子供の時からずっと紫外線から顔と体を守って生きていました。だから、夏でも冬でも肌の色は真っ白。もちろん、シミなんて1つもありませんでした。しかし、30歳をこえた時からポツポツとシミが出来始めて、紫外線を全然浴びない人生だったのに、こんなにシミができるんだと驚きました。

シロジャム(Sirojam)

今では顔中シミだらけです。肌が弱いので、顔に日焼け止め以外のものを塗ったことがなく、一度も化粧をしたことがなかったのですが、さすがにこんなシミだらけの顔で人に会うのは恥ずかしいと思うようになりました。

なので、最近化粧品や化粧のやり方について勉強しだしたのですが、正直わからないことだらけで困っています。これだけたくさんのシミをファンデーションだけでは隠せないので、コンシーラーを使って隠そうと思うのですが、だいたいコンシーラーはシミやニキビ痕に少しポンポンとつけるぐらいです。でも、私の場合はもう顔中シミだらけですし、かなり大きいサイズのシミもあります。

ということは顔全体にコンシーラーを濃く塗ることになってしまいます。それを考えると、もう美容皮膚科などでシミを取ってもらった方が良いのではないかと考えるようになりました。ただ、お金もないですし、肌が弱いので機械を使ってのシミ取りにとても不安があります。それこそ、酷い痕が残るのは絶対に嫌ですし、痛い思いもしたくありません。今は40代50代の人でも肌が綺麗な人もたくさんいます。

皆さん、何をされているのでしょう。30代でこれだけシミがあるのだから、私の40代50代は本当に顔がシミで埋め尽くされるのではないかと、今から怯えています。